スタッフ日記/ 2016年5月

商店街・まちなかインバウンド促進支援事業(中心市街地活性化事業)

  2016/05/10    お知らせ

みなさん、こんにちわ。

札幌の税理士・社労士の蝦名です。

今日も補助金の情報についてお知らせさせていただきます。

 

【平成27年度補正「商店街・まちなかインバウンド促進支援事業(中心市街地活性化事業)」2次公募】
経済産業省北海道経済産業局が、平成27年度補正「商店街・まちなかインバウンド促進支援事業(中心市街地活性化事業)」について、2次公募を開始しました。
※ 事業概要
市町村が策定した中心市街地活性化基本計画に基づき、民間事業者が実施する事業のうち、特に外国人観光客等の消費を取込むための環境を整備する事業を支援することにより、中心市街地及び周辺地域も含めた経済活力を向上させることを目的とするものです。
※ 補助対象事業者
民間事業者
※ 補助対象事業
市町村が策定し、内閣総理大臣の認定を受けた中心市街地活性化基本計画に基づいて実施される、外国人観光客等の消費獲得のための施設整備事業。
※ 補助額・補助率
上限額:2億円
下限額:1,000万円
補助率:2/3
※ 公募期間
平成28年4月26日(火)~平成28年6月3日(金)17:00必着

IT利活用促進事業費補助金

  2016/05/09    ここだけの話

みなさん、こんにちわ。

札幌の税理士・社労士の蝦名です。

 

今日も補助金情報のご紹介です。

【IT利活用促進事業費補助金】
※ 補助対象事業
札幌市内の中小企業者等が、自社の経営課題(自社の商品やサービスの高付加価値化を図る、更なる販路を拡大する、あるいは、業務効率化を図るために自社業務を改善する、など)を解決するために、ITの利活用を行うという取り組みを助成。
※ 補助対象者
補助対象事業を行う、以下に示す市内中小企業者、企業グループ及びその他法人。
ただし、IT産業を主たる事業として営む会社及び個人は除く。
※ 補助対象経費
・ハードウェア購入費及び使用料、ソフトウェア購入費及び使用料、・ソフトウェア開発委託費等で、市内中小IT企業者との取引に係る経費。

※ 補助金額
補助対象経費の2分の1以内で、200万円を限度。
※ 補助対象期間
平成28年9月1日から平成29年3月10日まで
※ 申請期限
平成28年7月29日
今年度より、
・新たに「NPO法人、社会福祉法人、等」の申請が可能となりました。
・IT産業が「主たる事業」でなくても、市内中小IT企業者として参加することが可能となりました(確認のため、登記簿
謄本や定款の写し等のご提示を求める場合があります)。
・設備備品費(ハードウェア及びソフトウェアの購入費及び使用料)は、補助対象経費総額の50%以下までが対象となり
ました。

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。