スタッフ日記/ 2016年6月

個人型確定拠出年金

  2016/06/07    ここだけの話

みなさんこんにちは。

蝦名事務所の横野と申します。

昨日ご紹介をいたしました個人型確定拠出年金についてです。

所得税・住民税の節税というお話をしましたが実はもう一つ大きなメリットがあります。

なんと将来の年金額を増やすことが可能なのです!!

年間で限度額まで掛金を拠出することが出来るのですが確定拠出年金による運用益はいくら増えても税金がかかりません。運用次第では大きく資産を増やすことも可能ですしリスクを負いたくない方であれば元本保証型の商品を選択するのもアリです。

所得税・住民税の節税を図りつつ資産を運用して将来の年金額を増やせるとなればかなり使い勝手の良い制度と言えそうです。

最大のデメリットは60歳まで原則解約不能であるということです。

計画的な積み立てが必要ですね。

それではまた明日!

横野です。

  2016/06/06    ここだけの話

みなさんこんにちは。

蝦名事務所の横野と申します。

今週からは不肖横野がブログを投稿いたします。

弊所のブログ内容に特にルールはないのですが、私、気づいてしまいました。

ホームページのスタッフ日記の欄に「お得な税務情報です♪」

!!! お得な税務情報!しかも♪マークまでついているではありませんか…

主に社会保険労務士の分野を担当している私にとっては難問ではありませんか…

というわけで先月5月に法改正になりました「確定拠出年金」について簡単にお知らせをしたいと思います。

今までは特定の方しか拠出することの出来なかった「個人型確定拠出年金」が原則どのような方でも制度を利用できるようになりました。

これにより非課税口座を開設後、運用をしながら老後の蓄えを目論みつつ所得税・住民税の節税を図ることが可能となります。

1.積立金は非課税

2.運用益は非課税

3.受取時の税制優遇

老後と言っても31歳の私には遠い未来のような気もしますが所得税・住民税を節税する方法そして老後の年金対策としてはかなりアリなのではと考えています。

その他所得税・住民税を節税する方法に「ふるさと納税」などがありますね。

明日に続く

 

 

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。