スタッフ日記/ 2016年9月14日

ストラトキャスター 占有権のみ

  2016/09/14    ここだけの話

こんにちは。
蝦名事務所の吉田です。

今日もイクイップメント紹介ですよ。

小IMG_20160911_182359

フェンダーのストラトキャスターです。
一昨日の投稿でストラトなんて弾けないぜと書きましたが、ストラトも一応持ってます。
実はこれは私の父のものです。私が大学時代から管理しておりまして現在に至るという感じなのですが、あくまでも所有権は父で占有権は私というものです。これだけに関しては相続時には必ず取得したいので、遺言を書いてもらおうと画策しております(笑)

さて、この個体は父が買ったものなので詳細はわかりません。
しかし、特徴を見るとメイプルネックにラージヘッドというところから1970年代の生産ということがわかります。
父に話しを聞いてもおそらく間違いないと思います。
この年代のストラトは音楽シーンがハードロックに傾倒していった事からデカい音で歪ませると非常に気持ちのいい音を出します。
実際にマーシャルのスタックアンプで音出すとシビレマス。
これでソロ弾いたら本当に音が抜けます。
ただ個人的には、バッキングが物足りなく感じます。
やはりその辺はレスポール好きというか好みの問題です。

巷では70年代のギターもセミヴィンテージなんて言われていますので大事にしていきます。

では、また明日。

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。