スタッフ日記/ 2016年9月

遺言書で、どんなことができる?

  2016/09/04    ここだけの話

皆さんこんにちは。
蝦名事務所スタッフの郡司です。
今日で今週担当の郡司のブログは最終回となりますが、「相続」推しでいきます。

みなさんは「遺言書」を見たり書いたりした経験はあるでしょうか。
職業柄、相続が発生した際に最初に相続人の方に聞くのが「遺言書はありますか」と言うくらい、相続の案件では最重要アイテムになりますので私たちは良く目にしますが、私もプライベートでは、病気になった独り身の親戚が公証役場へ行って公正証書遺言を作成し、これを基に相続をしたという経験が一度あったくらいでしょうか。

さて、「遺言書」は、本人の生前の意思を死後に実現するための1つの方法であり、本人の死後、親族間で発生し得るトラブルを防止する為にも遺言は非常に重要なものとなります。

例えば、とある大富豪の方が1匹の愛犬をかわいがっていて、「遺言書」に「私の全財産をこの犬に相続させる」と残した場合、どうなるでしょう。
当然、遺産を期待していた法定相続人の方たちは驚くでしょうが、現実的には、いくら愛犬であっても日本の法律上ペットは「物」として扱われる為、相続人にはなれず、この「遺言書」は無効になってしまいます。

では、この愛犬を残して天国に行けない大富豪の方はどうすればよいでしょう。
「安心して下さい、いい方法がありますよ!」

それは、「負担付き遺贈」や「遺言信託」という方法です。
実際に愛犬に財産そのものを相続させる訳ではありませんが、それぞれをうまく活用すれば、被相続人の希望に近い形でこの愛犬のために財産を管理してもらう事が可能になります。

愛犬でないにしても、財産を特定の人間に相続させたいケースやダメ息子に相続させたくないケース、「醜い争族」を避けたい場合などは、ぜひ「遺言書」の作成をご相談下さい。
ちなみに法律家の方は「遺言」を「ゆいごん」ではなく「いごん」と読む場合が多く、どちらで読むか観察してみるのも面白いかもしれません。

明日からはプライベートも充実している『リベロのITO』こと伊藤にバトンタッチします。
では、一週間お付き合い頂きまして、どうもありがとうございました。

安物買いの・・・

  2016/09/03    ここだけの話

皆さんこんにちは。
蝦名事務所スタッフの郡司です。

蝦名事務所では、ここ数ヶ月で数名の新しいスタッフが増えました。
まだプロフィール紹介にも掲載はされていませんが、最近事務所にお越しになったお客様は何名かのニューフェイスにお気付きになったかもしれません。
会社では人が増えれば、新たにデスクやパソコンなど設備を用意します。そこで、私は前職での総務部長の経験を買われてか、事務所内でのパソコンの設定なども請け負っています(^^ゞ
で、ここまでが長い長い前置きなのですが、新調したパソコンをデュアルモニターにするためパソコン背面にケーブルを挿そうとすると、普通はメスのはずの差し口がオスなのです。
えー、当然メスメスのDsub15は繋がりませんので、大慌てでア〇ゾンで変換コネクタを探して、通常1個600円の品が6個で700円の激安の品を発見「安っ!!」発注ポチッとしました。
配送を待っていると2日程して先輩から早くデュアルにして欲しいとクレームが入り、配達状況を確認したところ、まだ輸送状態が更新されておらず、3日後に発送地点:chinaと表示か出て、知らない間に中国から輸入取引をしていることに気づきました。
結局手元には発注の一週間後に届き、更に早速繋ごうとしたところ形状が合わないというオチまで付いて、無駄になってしまいました。
再度商品を探し直して、適正価格で買い直しました。

今回は、私の確認不足もありましたが、安いのには訳があると言う事を痛感致しました。
似たような話で、税理士事務所の顧問報酬も一緒で、異常に安い場合は、それなりの訳があると考えて事務所選びを行って頂きたいと思います。

それでは、また明日。今週担当ラストのブログをお楽しみに♪

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。