スタッフ日記/ 2016年9月

毎週金曜日

  2016/09/02    ブログ

皆さんこんにちは。
蝦名事務所スタッフの郡司です。

皆さんが気になっているフロリダハマー(青いザリガニ)のハマ夫君のその後について、ご報告します。

あの後、1匹後輩(ハマ次)が入ってきて、同じ水槽で2匹を飼育していました。
お盆で3日ほど家を空けて帰ってきたところ、いくら探してもハマ次が居ないのです。
最初は石の下かどこかに隠れているのかと、気にしていませんでしたが、エサを入れても出てきません・・・。
そうです、皆さんの想像通りハマ夫君がお召し上がりになったのです!
確かにハマ次は小さかったので、標的にされても仕方が無かったのかもしれません(涙)
ハマ次ごめんね(:_;)

そんなこともあり、ハマ夫君の独壇場になったわけですが、ある金曜日に家に帰ると
パッと見2匹に増えていました。よく見ると抜け殻で、脱皮していたのです。
その翌週の金曜日も脱皮していました。
そして、その翌週金曜日も脱皮していました。
3週連続金曜日となると期待しますよね!?

そして・・・
そして・・・
更にその翌週金曜日は・・・
脱皮しませんでした。

またいつかハマ夫君の成長について報告させて頂きます。

それでは、また明日。

相続税申告は他人ごとではありません

  2016/09/01    ここだけの話

皆さんこんにちは。
蝦名事務所スタッフの郡司です。

先日、相続税の財産を評価する際の株の評価額が時価の90%になるという改正案に触れましたが、よく「ウチは大した財産が無いから相続税なんて関係ない」と考え、法改正も他人事と思われがちですが、実は昨年の1月以降の相続から大きな法改正があり、基礎控除が4割縮小された影響で相続税が課税されるケースが増えている様です。
改正の内容は、例えば相続人が配偶者と子供2人の場合、改正前は控除額が8,000万円でしたが、改正後は4,800万円になり、なんと3,200万円も縮小されました。

相続税が課税される割合は平成26年では全国平均4.4%でしたが、この改正の影響で6%台に上がるとの試算もあり、特に、都市部では課税される割合が更に高くなっています。
今後も、課税される割合は伸びると言われています。

こういった増税の一方で、配偶者の相続については、新たな改正の動きもあり、配偶者の法定相続分を最高3分の2まで引き上げるなど、配偶者の相続分を手厚くしようという動きもあります。
一見、相続税負担が軽減されるように見えますが、この軽減を利用して配偶者が多くの財産を相続した場合、その配偶者が亡くなって二次相続が発生したときに、子供が思わぬ課税を受けてしまうケースも考えられますので、目先の緩和措置に飛びつくのではなく、二次相続までしっかりと見据えた遺産分割をする必要があります。

それでは、また明日。

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。