スタッフ日記/ 2016年10月7日

ハマ夫君のその後・・・

  2016/10/07    ブログ

皆さんこんにちは。
蝦名事務所スタッフの郡司です。
本日のテーマは青いザリガニ「ハマ夫君」のその後です。

皆さん気になって仕方がない、我が家の青いザリガニ「フロリダハマーのハマ夫君」ですが、前回ブログで毎週金曜日に脱皮をすると書いたその数日後、その日は非常に暑い日だったのですが、家に帰ると薄っすらブルーがかった半透明バディのハズのハマ夫君が、なぜか薄ピンクに・・・。

どうやら、日中の暑さで茹で上がってしまった様です(:_;)

「(茹でたら何色になるんだろう?とか考えるのはやめてくださいね(^_^;))?」なんて事をブログで不謹慎に書いてしまったのが悪かったのか、青くても茹でれば普通のエビちゃんと同じであることをハマ夫君が体を張って証明してくれました。(ザリガニ界の出川哲郎ですね)
ハマ次に続いてハマ夫君もゴメンよm(;o;)m

水槽が空き家になって悲しむ暇もなく新たな店子を探していたところ、琴似神社のお祭りで「金魚すくい」があったので、紙や最中ではなく小さいお子ちゃま用のプラスチックのオタマで1匹500円で普通にすくいあげてきて(ある意味「金魚救い」)、そして空き家だった水槽に入居して頂きました。
いつの時代も変わらないもので、お祭り金魚の人生は儚いもので、数日で天に召されました。
悲しい思いが続いたので、しばらく水辺の生物は見送りです。
現在は、陸限定と言う事で、蛹から続々と羽化しているオオクワガタの飼育に専念中です。

それでは、また明日。

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。