スタッフ日記/ 2016年11月1日

第154回天皇賞秋

  2016/11/01    ここだけの話

皆さんこんにちは!

蝦名事務所の横野と申します。

昨日賭博はゼッタイダメとお話をしましたが公営ギャンブル(競馬、競輪、競艇など)は認められています。

先週の日曜日に第154回天皇賞秋が行われました。海外のG1を勝利している馬が3頭(モーリス、エイシンヒカリ、リアルスティール)や、今年の安田記念馬のロゴタイプ、昨年の天皇賞秋の覇者ラブリーデイ等が参戦をしました。

最終オッズは1番人気モーリス2番人気エイシンヒカリ3番人気ルージュバック4番人気アンビシャス5番人気ラブリーデイとなっていました。
ちなみに私の予想は◎ステファノス(6番人気)〇モーリス▲ラブリーデイ△アンビシャスでした。

ステファノスを本命に押した理由は出走メンバー中最速の上りを使えること、天皇賞秋は外伸びの差しが決まりやすいこと、前走が不完全燃焼(前が詰まり足を残した)だったこと、藤原厩舎のため1度使った上積みが大きいことです。藤原厩舎は本番でのメイチの仕上げがとても上手な厩舎で過去にも本番で激走した例がいくつもあります。(エイシンフラッシュの天皇賞秋やストレイトガールのヴィクトリアマイルなど)

結果は世界最強マイラーのモーリスがあっさりと勝ちました。モーリスは1600Mでの実績しかないため東京2000Mは持たないのではないかという見解もありましたが蓋を開けてみれば余裕の勝利だったように見えました。
1着モーリス2着リアルスティール3着ステファノス4着アンビシャス、、、、

あれ、リアルスティール買ってない、、、スポーツ新聞等には海外帰りの疲れが取れていなく調教もよくないと書かれていたの
、、、

また、やられたっ!

それではまた明日。

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。