スタッフ日記/ 2016年12月21日

税制改正大綱について

  2016/12/21    ここだけの話

みなさん、こんにちは。
蝦名事務所スタッフの今です。

12月8日に29年度税制改正大綱が決定されました。
以前にもブログでも取り上げてきましたが、
配偶者控除・配偶者特別控除の見直しが盛り込まれ
内容について気にされている方も多いのではないでしょうか。

配偶者控除は納税者本人に所得制限を設け(合計所得金額1000万円超は適用できない)
配偶者の収入金額が103万円以下で適用となります。
現行制度ですと配偶者特別控除は配偶者の収入金額が103万円超105万円以下
(所得38万円超40万円以下)は38万円の控除が適用、その後逓減し所得金額76万円
まで控除となっていましたが、今後は、居住者の合計所得金額が900万円以下の場合
収入金額103万円超150万円以下(所得85万円以下)までは38万円の控除ができることとなります。
その後逓減し所得金額123万円以下まで控除を受けることができます。

この改正は平成30年以後の所得税から適用されますので、来年どは現行制度通りとなるため
勇み足に注意してください。

納税者本人の合計所得金額が900万円超950万円以下、950万円超1,000万円以下で
配偶者特別控除の額が変わりますので、詳しい金額については今まで連絡いただければ
お答えいたします。

今日はこの辺で。
また明日。

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。