スタッフ日記/ 2016

社会保障教育の大切さ

  2016/05/01    ブログ

みなさん、こんにちわ。

札幌の税理士・社労士の蝦名です。

 

学校教育の現場では、日本社会の根底を支える「社会保障制度」に関する教育が十分といえない現状があります。

これからの日本を支える若い世代が、「社会保障制度の意義」や「社会に出ることの意味」を十分に理解しないまま「社会保障制度への不信感」のみ抱えて社会に出てしまっているのではないでしょうか。

また、労働基準法などの労働法の知識が十分でないため職場トラブルにまきこまれてしまったりしているのも散見されます。

最近では我々の所属する全国の都道府県社会保険労務士会において、学生に対する社会保障教育への取り組みを進めています。

具体的には社会保険労務士が高校、中学、大学等に出前授業として社会保障教育を実施したりしています。

是非活用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

社労士に期待すること

  2016/04/30    ブログ

みなさん、こんにちわ。

札幌の税理士・社労士の蝦名です。

我々も所属する全国社会保険労務士会連合会において行った「社労士のニーズに関する調査結果」より、クライアント企業が社労士に期待することとして下記が挙げられています。

1.「最新の法制度や法改正の知識」

2.「人事労務で判断の難しい事案への専門家としての明快な助言」

3.「的確な問題解決能力・コンサルティング力」

4.「豊富な事例経験に基づくアドバイス」

どれもとても重要な事項ですね!

やはり社労士は「ヒト」に関する専門家として、「ヒトを大切にする経営」を実現するため、良好な労使関係や職場環境の整備をお手伝いしていかなければなりません。

上記のようなクライアントの期待に応えつつ、きめ細かなアドバイスを実施していきたいと思います!

 

 

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。