スタッフ日記/ 2016

国税徴収額と経済規模

  2016/04/29    ブログ

みなさん、こんにちわ。

札幌の税理士・社労士・海事代理士・行政書士の蝦名です。

 

国税庁HPから2013年の税収記録をながめてみましたところ、

(国税徴収額)

・札幌中税務署 1,548億円

・仙台中税務署 2,994億円

・麹町税務署(東京都) 4兆8,126億円

・芝税務署(東京都) 2兆5,235億円

・渋谷税務署(東京都) 1兆2,870億円

・名古屋中税務署 3,742億円

・東税務署(大阪府) 9,896億円

・那覇税務署 846億円

こんなに開きがあるのですね!

実際の徴収額を目の当たりにすると、いかに首都圏に集中しているか一目瞭然ですね。

おそらく我々会計事務所の行う税理士業務の市場規模も徴収額とリンクしているでしょう。

上記の数字からおのずとその都市の経済規模も推定されますね!

参考までに!

 

 

 

東京出張 研修参加

  2016/04/28    ここだけの話

みなさま。初めまして。

蝦名事務所の吉田と申します。

スタッフブログ初投稿させていただきます。

 

先日、研修受講のため東京出張に行ってきました。

従業員数180名の会計事務所を見学させていただきましたが、やはり「よくできているな」と思わされる部分と「ウチも負けていないぞ」と思う部分とあり複雑な気持ちとなりました。

本日の朝礼研修でも発表させていただきましたが、印象的だった言葉を1つご紹介させていただきます。

 

「経営は1と3で考える。」

 

従業員数で考えると最初は一人で事業を立ち上げた後、まずは3名になるように頑張る。

その後は10名、30名、100名という風に考えていくということでした。

蝦名事務所は現在15名。

私自身も現状を見ると、とにかくいち早く30名を達成すべきと考えており納得できた言葉でした。

その他にもいろいろと有益な情報を得ることができた出張でした。

 

お客様のためにももう一回り大きくなります。

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。