スタッフ日記/ 2017年2月10日

今日は何の日シリーズ

  2017/02/10    ブログ

皆さんこんにちは。
蝦名事務所スタッフの郡司です。

今日、2月10日は何の日でしょう。

そうです、皆さんご存知の「簿記の日」です。

もはや説明不要と思いますが、簿記の原点である福沢諭吉の訳本 「帳合之法」の序文が1873年(明治6年)の2月10日に発行されたことにちなみ、社団法人全国経理教育協会が制定しものです。

私たち会計事務所の人間は毎日簿記に明け暮れて過ごしている訳ですが、例えば複式簿記って良くできてると思いませんか。

私も初めて簿記3級から入門したときは、「なんじゃこりゃ」の状態でしたが、今になって見れば複式簿記が無かったら、会社は損益を把握するのに大変苦労する事になりますし、その損益を計算する事も我々の重要な業務の一つになっていますので、福沢諭吉さんに感謝です。
これからは福沢諭吉さんが描かれているお札は大事にしようと改めて思いました。

それでは、今週の私の担当も今日で最後になります。
明日からは、時間の限られた昼休みに野菜を蒸すなど会社の電子レンジを調理器具として長時間占有して、他の職員から「お弁当を温められない」とバッシングの嵐の渦中にいる「レンジ調理の魔術師」こと伊藤が担当します。
楽しみにしていてください。

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。