スタッフ日記/ 2017年3月

オススメのふるさと納税(番外編)

  2017/03/24    ここだけの話

皆さんこんにちは。
蝦名事務所スタッフの郡司です。
今週はふるさと納税推しでいきます。

私が個人的に気になっているのが100万円の寄付で「一日町長」になれるふるさと納税です。
内容は町長室での辞令交付や記念撮影、職員への訓示、町内の名所の視察などで、同伴者は「副町長」になることもできるそうです。
必要な場合は空港までの送迎を含む2人分の往復交通費や町内での移動費(公用車使用)、宿泊・食事代も町が出してくれるそうで、
過去に男性弁護士が応募して、実際に務めたということで、私がお客様にオススメを聞かれたときに冗談半分でオススメしたこともありますが
興味のある方は、ぜひ貴重な体験をしてみて頂きたいと思います。
他にも一日図書館長など色々あるらしいので、子供のころから「〇〇〇長になるのが夢だった」なんて方は、夢がかなえられるチャンスですね。

地元ではニュースになること間違いなしですので、是非どうぞ。

それでは、また明日。

オススメのふるさと納税

  2017/03/23    ここだけの話

皆さんこんにちは。
蝦名事務所スタッフの郡司です。

先日、確定申告の際に「ふるさと納税」の上限額の目安をお伝えしているとブログで書きましたが、
目安額をお伝えする際に、お客様からよく質問されるのが「どこの市町村がオススメですか?」や
「他の皆さんはどこに寄付していますか?」など聞かれることがあります。

こればっかりは好みの問題ですし、返礼品の返礼率で選ぼうにも、その換算額を原価で考えるのか売価で考えるのかで
また大きく変わってきます。
中には1万円の寄付に対して買ったら1万円近くするのではないか!と思うくらいの高級食材がもらえる自治体もありますし、
某アウトドアショップのポイントカードのポイントで貰えるところまでありますので、返礼率で選ぶとかなり率の高い自治体もあります。

本来の趣旨は、自身の納税地ではない好きな自治体に寄付の形で納税できるというものですので、返礼品だけで選ぶのは趣旨から外れてしまうかもしれません。

しかし、この制度で財政的に救われている自治体もあるのも事実ですので、
純粋に応援したい自治体に応援の気持ちを込めて寄付をして、「おまけで返礼品が貰えた」といった感覚でいたいものですね。

それでは、また明日。

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。