スタッフ日記

タックスヘイブンって?

  2016/05/06    ブログ

みなさん、初めまして。

蝦名事務所スタッフの郡司です。

スタッフブログがスタートします。

今回のテーマは、「タックスヘイブン」です。

最近メディアで「パナマ文書」という言葉をよく耳にしますが、世界的に何が問題視されているかと言いますと、「パナマ文書」にはタックスヘイブンを舞台にした、各国の首脳らが関係する取引が記されていたことで、国の指導者は国民に税金を納めるように求める立場のハズが、自身はタックスヘイブンに資産を移して税負担を軽くしようとしていたと見られており、 道義的に問題があるのではないかと指摘の声が上がっているのです。

タックスヘイブンとは、法人税や所得税などの税率がゼロか極めて低い国や地域のことで、「ヘイブン」は、よく「天国=heaven」と間違われますが、「haven=回避地」すなわち「タックスヘイブン=租税回避地」を意味します。

実際には、タックスヘイブンを利用した取引は、国ごとの税率の差を利用した節税行為であり、必ずしも違法行為とは言えません。

ただ日本の国税庁も黙って見ている訳ではなく、取り締まりを強化する流れになっています。

もし自分自身が数億~数十億単位で資産を持った場合は、少しでも税金を逃れて1円でも多く財産を残そうと思うのだろうかと想像してみましたが、改めて税金というものを考えるキッカケにもなりました。

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。