スタッフ日記

青いザリガニ!?

  2016/07/29    ブログ

皆さんこんにちは。
蝦名事務所スタッフの郡司です。
本日のテーマは「ザリガニ」です。

皆さんの中には水中の生物が苦手な方もいるかも知れませんが、少々お付き合いください。
知り合いの飼育しているザリガニがたくさん子供を産んだとの事で、流れ上里親として1匹のザリガニの赤ちゃんを引き取りました。
今は半透明のザリガニの赤ちゃんですが、このザリガニは「フロリダハマー」や「フロリダブルー」などと呼ばれる青い品種らしく、大きくなると青く色付いてとても綺麗らしいです。
他にもホワイトやオレンジの品種もあり、ちょっとホワイトも気になっています。
(茹でたら何色になるんだろう?とか考えるのはやめてくださいね(^_^;))

綺麗な青色に育てるには餌にも気を付けないといけないらしく、餌の赤の色素の影響で微妙な色になってしまうそうなので、早速ホームセンターでザリガニ飼育セットと専用餌を購入。
1匹のザリガニの赤ちゃんにこんなに設備投資がかかるとは思いませんでした・・・。

この品種が出たばかりの頃は一匹数万円なんて時代もあったらしいですが、今は普通の赤いアメリカザリガニより少し割高な程度で手に入る様です。
子供のころ、近所の小川で二ホンザリガニを捕まえた記憶がありますが、アメリカザリガニの台頭と、綺麗な水質の小川が減った事で二ホンザリガニは今はもう絶滅寸前だそうです。二ホンザリガニの少し丸みを帯びたフォルムはアメザリのトゲトゲ感とは異なり、なんとも可愛らしいものでした。

我が家には、オオクワガタ(成虫+ニョロが十数匹)やカブトムシの蛹、そして青いザリガニまで、私の部屋がだんだん「ワクワク生物館」の様相を呈してきています(汗)

〇ケモンGOの様にスマホの中で完結できれば、「課金」にさえ手を出さなければ何匹ゲットしても進化させても負担はありませんが、現実世界の生物は毎日の餌やりやケースの衛生管理、そして繁殖による個体数増加までありますので、飼育するからには適切な管理下のもとで、責任を持って最後まで面倒を見たいと思います。

それではまた明日。

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。