スタッフ日記

めずらしい税金 その6

  2016/06/18    ブログ

みなさん、こんにちは。
蝦名事務所スタッフの今です。

めずらいしい税金を紹介するのもあと少しとなりました。
銃規制に一役買っているものもあれば、健康増進を目的にしたり、交通量を減らす目的
にしたりと本当にいろいろな税金があるなと感じてしまいます。
ついにはこんなものにまでという税金がこちら

〇ポルノ税(イタリア)
2008年に導入されたもので話題にもなりました。
 導入の背景は、深刻な経済危機対策の一環として行われたものです。
 税金は、お酒やタバコのなどの趣味・嗜好品にかけていく傾向があり、イタリアの
 ポルノ産業の売上が日本円で約1110億円ということから課税対象にしてしまおうと
 考えられたのです。
 税率は売上の25パーセント。
 仮に日本で導入した場合、日本での性風俗を含めた産業の売上は約6兆円といわれて
 いることから1兆5000億の税収となります。
 消費税以外の財源が出てきたのではないでしょうか。
 アメリカアラバマ州でもポルノ税の導入検討しており、イタリアで成功した例を考え
 れば日本でももしかしたら・・・
 
日本の風俗産業は無申告業者が多い業種でもあるため、導入するとさらに無申告業者を
増やしてしまう可能性もあります。
 
それでは今日はこの辺で。
また明日。

めずらしい税金 その5

  2016/06/17    ブログ

みなさん、こんにちは。
蝦名事務所スタッフの今です。

突然ですが、スターウォーズ好きの方はどれくらいいるでしょうか。
私はエピソードワンだけ見たことがある程度ですが、あのライトセーバーは
「かっこいいなぁ~」と思ったことはあります。
(ガンダムのビームサーベルに似ているからかも・・)
そこで本日紹介するのはこちらの税金。

〇光るおもちゃ税(アメリカ)
アメリカ・ウエストバージニア州で導入されたものです。
 激しく発光したり、火花が出るような銃のおもちゃなどの人を驚かす目的で作られた
 おもちゃに課税するというものです。花火なども同じ税が課せられました。
 そもそもこの制度が導入された背景には、税収アップを狙ったものではなく、銃犯罪や
 凶悪犯罪の低下を目的としたものとなります。
 実際に、この制度の導入後には、犯罪率は下がったと言われており、バージニア州は
 全米でトップクラスの治安のいい州になったそうです

いま札幌では北海道神宮祭が開催されており、お祭りの定番ともいえる光るおもちゃたち。
これらに税金がかかってしまうと子供たちの楽しみがなくなってしまうと考えてしまいます。

ただ、銃規制に一役買っているといわれていますので、ここ最近のアメリカの銃事件を
考えればあながちめずらしい税ではなくなるかもしれません。

それでは今日はこの辺で。
また明日。

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。