スタッフ日記

ふるさと納税と株主優待

  2016/06/26    ここだけの話

皆さんこんにちは。
蝦名事務所スタッフの郡司です。
本日のテーマは「ふるさと納税と株主優待」です。
最近「ふるさと納税」はかなり浸透し、高額納税者だけでなく私の周囲にも活用されている方が増えてきました。
政府もさらに浸透させていきたいと考えており、住民税の控除枠を拡大したり、ワンストップ特例制度を創設したりと、どんどん税制も改正されています。
また、人気が出ている理由は、特産品などの選択肢もかなり増え、各自治体は少しでも特色を出そうと過熱気味に競い合っている所だと思います。
ふるさと納税は基本的に寄付をすることで、「税金の控除」と「お礼の品」などの特典があるものですが、個人的には似たような感覚の「株主優待」も広がりを見せているなぁと感じています。
「株主優待」とは、企業が自社の株主に対して「自社製品」や「サービス券」「商品券」などを贈る制度で、権利確定日に一定数以上の株を保有している株主が対象になります。
株主さんにもっと自社の事を知ってほしいと「自社製品」を贈る企業もあれば、商品券やクオカード・お米など、その企業とは直接関係の無い優待品を贈る企業も多数あります。
そういった企業は、優待品を贈る事で自社への投資を促進する目的があります。
このあたりが、私が寄附に対してモノを贈るふるさと納税と似ていると感じた理由です。
私もいくつか優待のある銘柄を保有しており、タダで遊園地に行ったり、タダで写真館で子供の写真を撮ったり、タダで日用品やお菓子が手に入ったり、家電量販店や居酒屋の割引など様々な恩恵に預かっています。
過去にはスターバックスも優待制度があり、優待券1枚で「お好きなドリンク1杯無料」となっていました。(残念ながら現在は制度廃止されています)
この優待券がすごかったのは、どのドリンクでも・どんなサイズでも・どれだけトッピングしても無料という点です。
私もここぞとばかりにグランデサイズを注文し、エクストラショット+クリーム増量など意味不明なトッピングをどんどんプラスして、もはや美味しいのか美味しくないのかわからないドリンクをよく頼んでいました。
これ以外にも、各企業は様々な株主優待制度を用意し、自社への投資を促進していますが、もちろん株は投資ですので、上がるときもあれば下がるときもあり、そこはリスクの無いふるさと納税と比べると違いがありますが、それぞれの利点をうまく活用することで衣食住の一部をふるさと納税と株主優待で賄う生活も夢ではないのかもしれません。
株主優待生活で有名なK谷さんは様々な優待を使い切るのに毎日忙しいそうです。
いずれにしても何か贈られるというのは誰でも嬉しい事だと思いますので、私も少しずつ活用して行きたいと思います。
今週は何の脈略もなく思いつくままのテーマを取り上げましたが、また来月担当が来るまでブログネタ集めに奔走します。
それではまた。

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。