スタッフ日記/ 2016年9月27日

年金受給資格

  2016/09/27    ブログ

みなさん、こんにちは。
蝦名事務所スタッフの今です。

昨日政府の臨時閣議で、年金の受給資格を得るのに必要な保険料納付期間を25年から10年に
短縮する関連法案が決定されました。
消費税率を8%から10%に引き上げの際に実施する予定だった社会保障の充実策のうち、
安倍首相が「無年金問題は喫緊の課題」と表明し、年金を受け取れない人を減らすために
消費増税に先立って年金の受給資格の短縮を先行して行うこととなりました。

今までは25年(300月)を満たさない場合受給資格が得られなかったのが、10年(120月)支払
えば受給資格が得られることになります。
ただ、受給資格は得られても年金の額が増えるわけではないため、受給しようとする人は
やはり毎月しっかりと年金は納めなければいけないと思います。

また、受給資格を得られる人が増えると、年金の財源の確保がより厳しくなる可能性もあり
ますので、消費税のさらなる増税や年金支給の年齢の引き上げもあるのではと思ってしまいます。

今日はこの辺で。
また明日。

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。