スタッフ日記/ 2018年6月6日

あの人は今!?

  2018/06/06    ここだけの話

皆さんこんにちは。
蝦名事務所の「いきものがかり」こと郡司です。
 
その昔、私がハマ夫君という名のミステリークレイフィッシュ(詳しくは昔のブログでどうぞ)を飼っていたのを覚えていますでしょうか。

ブルーなハマ夫君はピンク色になり壮絶な最期を遂げたのですが、その子孫たちが今でもスクスクと育っております。
 
ミステリークレイフィッシュは数カ月に一回、単為生殖(詳しくはネットでどうぞ)で卵を産み、どんどん増えていきます。
しかし自然の摂理でしょうか、気付けば水槽の中にはいち早く大きく育った仔ザリだけが生き残っていきます。
 
こうして、世代交代を繰り返していくのです。
単為生殖なので、仔ザリはいわゆるクローンザリガニのため、ブルーな体の細かい模様も一緒なのですが、不思議な事に性格はバラバラ。
 
現在は、一匹喧嘩っ早いのが居まして隔離しておりますが、水槽の仕切りを乗り越えて隣のザリガニに襲い掛かったりします。
先日は、水槽を脱走して台所のシンクで見つかった事もあります。
私はてっきり今夜の食材になりたいのかと思いました。
 
ロブスターの小さいバージョンだと思って食べれば美味しいかも知れません。
 
それでは、また明日♪

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。