スタッフ日記/ 2018年9月

お待ちかねの話題

  2018/09/28    ここだけの話

皆さんこんにちは。
蝦名事務所の清水です。
 
お待たせ致しました!本日はタヌキの話題です。
 
今月24日に、夫と共にタヌキを探しに豊平峡へ行ってきました。
その結果を語る前に、まずは定山渓の紅葉情報です。
 
24日時点ではこのような状況でした。

車内から撮影しており、雨がついた窓ガラスでかなり分かりにくいと思いますが、
葉っぱの先がほんの少し色がついて・・・る? という感じでした。
 
途中から雨に降られてしまったので、豊平峡ダムには行かず定山渓温泉付近をドライブして帰ってきました。
 
さて。お待ちかねのタヌキですが、しっかり捕獲して参りました♬


タヌキの絵本とメモ帳です!
 
絵本はコーチャン◯ォー、メモ帳はセ◯ン-イレ◯ンにて捕獲できました。
 
メモ帳の中身はただの白い紙と思いきや、ちゃんとイラストが入っておりました☆
また、この絵本はタヌキ好きにはもちろん、そうでない方にもぜひ読んでいただきたい!
心が温まるオススメBOOKです。
 
 
さて、来週の担当は、最近まで体調不良で食事もままならなかった苦難を乗り越え、
シュークリームを3つ食べられるまでに見事な回復をみせた藤原です。
 
 
最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。
次回、またお会いしましょう。

未知との遭遇

  2018/09/27    ここだけの話

皆さんこんにちは。
蝦名事務所の清水です。
 
先日、札幌市西区八軒にあるレンガの館ホールにて手作り小物・手作り雑貨マーケット
「三角山市場」へ行ってきました。
 
私が一目ぼれして購入したのがこのバターナイフです。
 
刃の部分は寄木(よせぎ)、持ち手部分は象嵌(ぞうがん)の細工が施されたものです。
「寄木」は箱根の伝統工芸品としても皆さん耳馴染みだと思います。
「象嵌」という言葉は、お恥ずかしながら私は初めて知りました。
ウ○キペディア先生が非常に分かり易かったので引用致しますと、
象は「かたどる」、嵌は「はめる」という意味があり、一つの素材に異質(同質のこともある)
の素材を嵌め込む技法だそうです。
 
ナイフを裏返しますと、持ち手側の細工が貫通していないことが分かります。

 
「三角山市場」の次回開催日等はこちらをご確認ください♪
http://www.sankakuyama.co.jp/
 
ぜひみなさんも、知らない世界を見つけに行ってみてください!
 
それではまた明日。

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。