スタッフ日記

あなたはどちら派?

  2018/09/26    ここだけの話

皆さんこんにちは。
蝦名事務所の清水です。
 
前回結婚披露宴へ出席したお話を致しましたが、会費制の結婚式というのは
やはりドキドキしますね。
 
本州から引っ越してきた者としては、やはりご祝儀制の式に慣れているため
受付でお財布を取り出すのは不思議な感覚です。
 
北海道では会費制が主流のようですが、実は全国的に増えてきているそうです。
 
そこで、簡単に会費制と招待制(ご祝儀制)の違いを書いてみたいと思います。
 
金額
会:定額。16,000円前後が多い。
招:相場はあるものの、ゲストが決める。30,000円~。
 
お金の渡し方
会:ご祝儀袋に新札を入れ、芳名帳に名前を書く。
招:お財布からそのまま払う。受付で名乗るだけで良い。新札の必要なし。
 
席次表
会:名前のみ。
招:ゲストの肩書や新郎新婦との関係が書かれていることが多い。
 
親戚の席
会:最前列の両端が多い。
招:末席
 
遠方からのゲストの交通費
会:基本、ゲスト持ち
招:お車代を用意することが多い
 
引出物
会:引菓子または引出物1品
招:引出物、引菓子、縁起物の3品が基本
 
雰囲気としては、カジュアルな会費制とフォーマルな招待制といった印象が強いようです。
 
どちらの結婚式にもメリット・デメリットは当然あります。
新郎新婦がどんな結婚式にしたいかを話し合い、希望をより実現できそうな式に
することが重要になりそうですね。
 
弊所にもまだまだ独身がおりますので、次に挙式するのは誰なのか!
とても楽しみです♪
 
それではまた明日。

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。