スタッフ日記

ふるさと納税

  2018/06/13    ここだけの話

皆さん、こんにちわ。
札幌の税理士・社会保険労務士・行政書士 蝦名事務所の伊藤です。
 
昨年津別町にふるさと納税をし、ペア宿泊券を頂きましたので妻と一緒に泊まりに行きました。
 
皆さんは北海道津別町をご存知でしょうか?まさかご存じない!?
 
津別町(つべつちょう)は、北海道オホーツク総合振興局管内の網走郡にある町である。
 
町名の由来は、アイヌ語の「トゥペッ」から。意味は「二つの川」あるいは「山の出ばなを通っている川」(ウィキより)
 
町の86%は森林で囲まれており林業が発達しています。「愛林の町、津別町」と皆様も広く認識してくださっていると思います。
 
泊まった宿は「ランプの森、森つべつ」街の中心部から更に23キロほど進んだ森の中に宿はあります。
 
温泉はアルカリ性、お風呂上りに脛がカサカサになる私でも、お肌スベスベです。更にここには「シャンプーバイキング」なるものがあり、市販されている高級シャンプー、リンスを使うことが出来ます。自分にあったものを選べるのは嬉しいですね。
 
そんな素敵な森つべつ、夕食も美味しいです。コース料理が運ばれてきますがどれも美味しい。
 

 
最後のデザートにヴァニラムースなるデザートが出てきました。これがめちゃくちゃ美味しい。ババロアに近い触感で、ババロアを作りたくなったぐらいです。
 
食事中にはバンビもやってきました。写真を撮っても容量が重くてアップ出来ないのが残念です……
 
そんな素敵な津別町に皆様も行ってみてはいかがでしょうか?
 
札幌から車で4時間半(高速利用)、朝7時に出れば昼には着きます♪
 
それではまた!

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。