スタッフ日記

クリスマス②

  2018/12/26    ここだけの話

皆さんこんにちは

蝦名事務所の五十嵐です。

 

昨日のブログでは私の充実したクリスマスライフをご紹介させて頂きましたが

そもそもクリスマスとはどういった日なのかご存知でしょうか。

子どもに「クリスマスって何?」といわれ困ってしまうママ達のためにクリスマスまめ知識をお伝えします。

 

クリスマスとはキリスト教の救世主であるイエス・キリストの生誕を祝う日です。

しかし、実はキリストの誕生日は未だ判明しておりません。

では、なぜ12月25日になったのでしょうか。

 

キリスト教が広まりはじめた時代にヨーロッパでは冬至のお祭りが盛んにおこなわれていたそうです。

冬至とは、一年のうち日が出ている時間が一番短くなる日です。

この日を境に日照時間がどんどん長くなっていくため、太陽の神様の誕生を祝うという意味でこの日をキリストの生誕祭にしようという流れとなったそうです。

(※諸説ありますのでご注意ください。)

 

 

 

意外とざっくり決まっていたクリスマス。

 

 

子どもにはもっともらしく説明したいものですね。

それでは今日はここまで

また明日。

 

 

 

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。