スタッフ日記

労務ニュース

  2018/10/05    ここだけの話

皆様、こんにちは。
蝦名事務所の藤原です。

本日は週末金曜日!
私がブログを担当させていただきます。
宜しくお願い致します。

さて、本日は労務関連のニュースをお伝えしたいと思います!
昨今の人手不足を背景に、
労働力確保のため新しい動きが出てきました。
「ジョブペアリング」という施策です。
 
「ジョブペアリング」とは、
季節又は期間限定の仕事について、
その間で円滑な労働力の移動を行う施策のことです。
それぞれのハローワークが連携し、
異なる時期に実施される雇用の求人情報を収集、雇用情報の確認、
事業所への情報提供や職業紹介を行うことで、
季節・期間限定雇用への労働力の供給と
年間を通じた労働者の雇用確保の実現を目指しています。
 
この「ジョブペアリング」を
愛知労働局が仲介役となって実施が開始されました。
 
具体例をあげると
夏の時期は果樹園での収穫、年末におせち料理の製造
というように実施時期と職種、
使用者が全く異なる仕事に同一の労働者が従事します。
 
そうすることで、
期間雇用労働者は、雇用に安定性が生まれ
時期を問わず働くことができ、
会社は人員の確保をすることができます。

  
必ずしもこの「ジョブペアリング」が
どの労働者にも成立するとは言い切れませんが、
季節・期間限定雇用の労働者と会社の間で
需要と供給が一致するような
人手不足の時代にぴったりな働き方といえそうです。
  
現状は愛知のみでの実施となっておりますが、
今後全国で広がっていくかもしれません。

 
本日はこの辺で。
今週一週間ブログにお付き合いいただき、
ありがとうございました!
 
来週は最近U.S.Aがお気に入りの横野が担当いたします。
お楽しみに!!!!!
  
それでは数か月後にお会いしましょう!

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。