スタッフ日記

学生の頃の話

  2018/04/24    ここだけの話

皆さまご覧いただき、ありがとうございます。
 
本日も藤原が担当させていただきます。
ぜひお付き合いください!
 
 
昨日はほんの少し自己紹介をさせていただきました。
本日は学生時代のお話を!
 
 
私藤原、小学三年生まで西区に住んでおりました。
大分忘れてしまいましたが、
自転車を乗り回し外で遊び回っていた記憶があります。
その後中央区に引っ越し、
シティーガール風を吹かせ始めていきます。
兄の影響でゲームに熱中することもありましたが、
家や学校が街に近いということもあって
街に出て遊ぶことも多く、
6月のお祭りや7月の花火大会には必ず足を運んでいました。
 
高校時代は、学校帰りにクレープ屋さんによく通っておりました。
お店の会員カードのランクを上り詰め、
成長期に拍車をかけ、顔が真ん丸になる事態となりました。
その結果高校2年生の学生証の写真は、中々な出来栄えとなりました。
 
 
振り返って学生時代というと
兎にも角にもプリクラをたくさん撮っておりました。
何故あんなにも大量に撮っていたのか、
今となっては不思議でしょうがありません。
最近のプリクラの加工や盛れる技術の進歩が凄まじい様なので、
近々酔っ払った勢いで久しぶりに撮ってみようと思います。
 
 
話を戻します!
大学に入ってからはわけあって東京に頻繁に行き、
滞在することも多かったので
電車の乗り換えはばっちりですし、
新宿駅構内を迷わず歩けるようにもなりました。
コンクリートジャングル東京に少々染まったようです。
 
大学に入るまでは東京に住みたいと思っておりました。
しかし年々人混みが嫌いになっていく私には、
札幌くらいが住みやすくて
ちょうど良いのかもしれないと思っている今日この頃です。
 
 
本日はこの辺で失礼いたします。
それでは、また明日。
 

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。