スタッフ日記

平昌五輪

  2018/02/20    ここだけの話

皆さんこんにちは。
税理士・社会保険労務士・海事代理士・行政書士 蝦名事務所の梅津と申します。
今月の9日から始まりました平昌五輪もいよいよ終わりが近づいてきました。
4年に1度しかない舞台で日本人選手が大いに活躍しております。
世界が注目するオリンピックですが、なぜ4年に1度の開催なのでしょうか。
諸説ありますが有力な説は、古代ギリシア人が太陰歴を使っていたからという説です。
オリンピックの前身となったのは古代ギリシアで行われていた「オリンピア祭典競技」いわゆる古代オリンピックです。
現在、一般的に使われている太陽暦の8年が太陰暦の8年と3カ月にほぼ等しいことから、8年という周期は太陽暦と太陰暦の周期を合わせるために古代ギリシア人にとって重要な意味をもっていたのです。
暦を司るのは神官であり8年ごとに祭典が開かれるようになり、後に半分の4年周期となったということです。
4年間の努力、想いをかかえて出場する選手の姿はとても感動します。
平昌五輪の選手に負けないよう私も努力を続けたいと思います。
頑張れニッポン、頑張れジブン!
それではまた明日。

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。