スタッフ日記

未知との遭遇

  2018/09/27    ここだけの話

皆さんこんにちは。
蝦名事務所の清水です。
 
先日、札幌市西区八軒にあるレンガの館ホールにて手作り小物・手作り雑貨マーケット
「三角山市場」へ行ってきました。
 
私が一目ぼれして購入したのがこのバターナイフです。
 
刃の部分は寄木(よせぎ)、持ち手部分は象嵌(ぞうがん)の細工が施されたものです。
「寄木」は箱根の伝統工芸品としても皆さん耳馴染みだと思います。
「象嵌」という言葉は、お恥ずかしながら私は初めて知りました。
ウ○キペディア先生が非常に分かり易かったので引用致しますと、
象は「かたどる」、嵌は「はめる」という意味があり、一つの素材に異質(同質のこともある)
の素材を嵌め込む技法だそうです。
 
ナイフを裏返しますと、持ち手側の細工が貫通していないことが分かります。

 
「三角山市場」の次回開催日等はこちらをご確認ください♪
http://www.sankakuyama.co.jp/
 
ぜひみなさんも、知らない世界を見つけに行ってみてください!
 
それではまた明日。

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。