スタッフ日記

節分

  2018/02/01    ここだけの話

みなさん、こんにちは。
蝦名事務所の鈴木です。
 

もうすぐ節分ですね。
節分の豆まきには、邪気を追い払うために福豆(煎り大豆)を撒き、自分の年(数え年)の数だけ豆を食べ一年の無病息災を願うという意味合いがあるそうです。
 
私が子供の頃は、鬼役の父親に兄弟と結託して落花生をぶつけ勝利を収めた後、年の数以上の豆を誤魔化しつつ食べるのが恒例でした。
大人はたくさん食べれていいなー!と言った時、祖父から真顔で
「そんなにいいもんじゃないぞ。」
と言われたことがありました。
もしかして、ちゃんと数えて食べていたのでしょうか。
落花生をさやごと数えていたのか、中身の個数で数えていたのか気になるところです。
 
もし皆さんのご家庭でも落花生を撒くという方がいらっしゃいましたら、正しい数え方をご教示ください。
どうぞよろしくお願い致します。
 

それでは、また明日。
 

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。