スタッフ日記

関西、東北、東京、北海道

  2020/07/13    ここだけの話

みなさまこんにちは。

Aimパートナーズの楼です。

今日から一週間、私がブログを担当いたします。

どうぞよろしくお願い致します!

 

私は中国出身で、今年は日本に来た五年目です。この五年間はあちこちに生活したことがありました。

最初は京都で一年間住んでいました。京都はすごく住みやすい町だと思います。外国の観光客も毎日東京に負けないくらいの人数でした。

京都で一番好きなところはやはり伏見稲荷大社です。好きな食べ物は豆大福です。

その後は仙台に行き、大学院で二年半の研究をしました。仙台の牛たんがすごくおいしくて、私だいたい二週間一回は必ず食べに行きます。

後仙台駅のぜんたシェークも超おすすめです。札幌駅のエスタ地下一階も店あります、皆さまぜひ一度試してみてください!

大学院を卒業した後、私は東京で働きました。東京はとにかく人が多いです。ただ、美術館と博物館の展覧会の質には文句ありません。

私二週間一回くらい上野か六本木に行って、美術鑑賞をしました。

そして今年札幌と縁があり、ここで働くことになりました!まだまだ一カ月しか住んでないので、ちょっと慣れないですけど、これからも札幌のいいところを見つけたいです!

 

今日は以上です。

それではまた明日。

 

 

座右の銘

  2020/07/10    ここだけの話

皆さまこんにちは、Aimパートナーズの桜庭です。

雨の日が多かった今週も金曜日になりました。

 

皆さんは「座右の銘」をお持ちでしょうか。

座右の銘、とまではいかなくてもお気に入りのフレーズや

何かあったときに思い出すフレーズというのはあると思います。

私の座右の銘というか、いつも心に留めている言葉の一つに

Festina lente」があります。何語ですか?と思われるかも

しれませんが、これラテン語です。

このFestina lente、意外といろいろな方がいろいろなところで

語られているので、案外聞いたことあるかもしれません。

初代ローマ帝国の皇帝・アウグストゥスの座右の銘の一つと言われています。

直訳的に言うと「ゆっくりと急げ」ですが、日本語では「急がば回れ」が

近いでしょうか。私自身は少しニュアンスが違う感じがしていますが、

ぴったりとした日本語が思いつきません。

そしてもう一つ、これもいつも心にあるラテン語のフレーズがあります。

Carpe diem」こちらのフレーズは、映画でも取り上げられたこともありかなり有名。

「今を楽しめ」「今を生きろ」などという日本語訳がよくつけられています。

映画の中では「Seize the day」という英語訳が付されていました。

ちなみに映画というのはちょっと古いものですが、ロビン・ウィリアムズ主演の

「今を生きる」(原題はDead Poets Society)。いつ観ても号泣してしまいます。

どちらのフレーズもいつも心の片隅にある言葉たちです。

 

1週間、極私的な話題にお付き合いいただきありがとうございました。

それではこの辺で。

 

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。